省エネ改修工事

省エネコンサルティングとして空調設備・照明設備等の省エネ設備をメーカー問わず幅広くご提案致します。
省エネ改修により果されるランニングコストの削減や投資回収の年数等を具体的な数値としてお客様にご提示致します。

1.照明

照明設備に消費されるエネルギーは商業施設で20〜25%、オフィスビルで30%を占めています。
LED照明は従来の省エネ型蛍光灯に比べて約60%以上のエネルギーの削減となります。
エネルギー診断時に現在の使用状況を把握し、コストパフォーマンスの高い機器を選定致します。照明を高効率LEDへ更新することで消費電力の削減と快適性の維持を両立させながら省エネを実施致します。

2.空調

一般的な商業施設・オフィスビルが消費するエネルギーの中で、35〜40%と最も大きな割合を占めているのが空調設備です。
さらに、空調設備はメンテナンスを怠った場合、消費電力が毎年4〜5%の割合で増加していき、定期的な点検・改修が必要となります。
エネルギー診断時に現在の空調の使用状況を把握し、快適性を維持しながら省エネを実施致します。

3.冷蔵

スーパー等の施設のエネルギー消費は冷凍・冷蔵設備が最も高い割合です。
店内の冷凍・冷蔵設備が店舗内の気温を下げる効果があるため、空調負荷は低く、店内は常に冷房状態にあります。
冷蔵・冷凍設備は基本的に24時間365日稼働状況にあるため、効率的な運用が不可欠となります。

4.厨房設備

厨房設備は、給湯機や調理機等も含めた熱源に加え、水の使用量もトイレと比べて多い箇所となります。
作業性と快適性を両立しつつ、省エネを実施致します。

5.給排水

限られた資源である水は、自分が支払わない水道料金だと節水意識をあまり持たれない物です。特にホテルのシャワーや厨房の食器洗いなどでは流しっぱなしということも少なくありません。
節水バルブやトイレの擬音装置、シャワーヘッドなど、お客様や従業員に気づかれず、かつ確実に節水を行う方法により、環境負荷の無い大きな省エネとなります。

6.その他

電気・ガス・水・蒸気・重油等のエネルギーに対し、様々な省エネルギーサービスの提案を行っております。各種システムを組み合せて、メーカーフリー・エネルギーフリーの立場でお客様に応じたオリジナルのプランをご提供致します。
資金・金融・税制・補助金にも対応し、各方面から省エネをアシストさせて頂きます。

省エネ診断、省エネ改修工事のご提案、補助金のご提案、お見積は無償で行っております。
まずはお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ